三菱電機、長崎県メガソーラー発電所向け13.2MWの太陽光発電工事を受注

更新723

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱電機、長崎県メガソーラー発電所向け13.2MWの太陽光発電工事を受注

三菱電機、長崎県メガソーラー発電所向け13.2MWの太陽光発電工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月15日 16:00

長崎田手原メガソーラー発電所で太陽光発電設備工事
三菱電機は2月14日、「長崎田手原メガソーラー発電所」向けの、太陽光発電設備工事を受注したと発表した。

「長崎田手原メガソーラー発電所」は、三菱商事が長崎県で推進しているメガソーラー発電事業。今回受注したのは、一般家庭約3,500軒分の使用電力量に相当する、約13.2メガワットの太陽光発電設備工事。

(画像はニュースリリースより)

「JIS Q 8901」取得モジュールで4,100tのCO2を削減
単結晶261ワット×50,554枚の太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、特別高圧・高圧受変電設備、遠隔監視設備、電気工事を行い、年間で約4,100トンのCO2削減を目指す。

三菱電機が重電メーカーとして培ってきたエレクトロニクス技術、プラント建設や管理ノウハウを活かし、メガソーラー発電所の設計から建設、維持管理まで総合的なサービスを提供する。

メガソーラー発電設備に欠かせない「太陽電池モジュール」は、太陽電池モジュールの信頼性保証体制の認証規格である「JIS Q 8901」を取得済み。


▼外部リンク

三菱電機株式会社のニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/0214.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る