UR都市機構神奈川地域支社とイケアが築45年の郊外団地をリデザイン

更新227

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. UR都市機構神奈川地域支社とイケアが築45年の郊外団地をリデザイン

UR都市機構神奈川地域支社とイケアが築45年の郊外団地をリデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月09日 09:00

UR都市機構神奈川地域支社とイケアが共同
UR都市機構神奈川地域支社が、ホームファニッシングカンパニー・イケアと共同し、築45年の左近山団地(横浜市旭区)ほか3団地でキッチンやカラーコーディネートなどを実施する住まいの「リデザイン」に取り組んだ。

現在、郊外の団地では高齢化が進んでおり、これまでの環境やコミュニティを活用し、安心して住み続けることができるように再生することが求められている。

UR都市機構神奈川地域支社では、高齢者向けのサービスを提供する「みまもり住宅」の供給や、まち全体を活性化する「ルネッサンスin洋光台」の取り組みを進めている。

(画像はプレスリリースより)

新婚世帯向けをイメージ
左近山団地では、イケアの特徴である「快適な毎日の暮らし方」を活かした空間づくりを追求し、住まいのリデザインを行った。

新婚世帯を想定し、押入れやキッチン等水廻りの改修、壁紙などのコーディネートを行った。また、霧が丘グリーンタウン(横浜市緑区)、港北ニュータウンビュープラザセンター北(横浜市都筑区)、ベイシティ本牧南(横浜市中区)においても、「まち」に応じたターゲット層を意識し、キッチン改修やカラーコーディネートなどを行った。

その他にも押入れをウォークイン収納空間にアレンジし、自分らしく使うことができる「魅せる」収納空間を設けた。

モデルルームの公開を2月15日(土)~2月23日(日)の期間に実施。住宅募集は2月15日(土)より開始。また入居者を募集する住戸では、イケア家具等のプレゼントも行う。

募集対象団地

左近山(横浜市旭区):3戸

霧が丘グリーンタウン(横浜市緑区):5戸

港北ニュータウン ビュープラザセンター北(横浜市都筑区):2戸

ベイシティ本牧南(横浜市中区):3戸
(プレスリリースより引用)



▼外部リンク

UR都市機構神奈川地域支社 プレスリリース
http://www.ur-net.go.jp/kanagawa/press/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る