東芝、ロシアにて電力用変圧器工場の生産開始

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 東芝、ロシアにて電力用変圧器工場の生産開始

東芝、ロシアにて電力用変圧器工場の生産開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月08日 15:00

ロシアの新工場で生産開始
東芝は、2月7日、ロシアの大手タービン・発電機メーカーであるパワーマシーン社の合弁会社である東芝パワーマシーン変圧器社(以下PMTT社)が、ロシア サンクトペテルブルグ市に建設した電力用変圧器の新工場で、生産を開始したことを発表。

PMTT社は、サンクトペテルブルク市のコルピノ地区に位置しており、ロシアおよび周辺国向けの電力用変圧器の設計、製造、販売を手掛けている会社だ。

新工場の建屋面積は22,000m2で、今回の建設にかかわる投資額は総額約160億円という。

(画像はプレスリリースより)

変電所の需要大により
ロシアおよび周辺国では、現変電所が老朽化していることから、更新需要が拡大している。

今後同地域の電力用変圧器市場が、2015年には約3,000億円にさらに伸長することが見込まれることから、東芝は2012年5月に旧ソビエト連邦諸国で多くの実績を持つパワーマシーン社と合弁会社を設立した。

今後、東芝は合弁会社による電力用変圧器の製造・販売を通して、ロシア地域における電力用変圧器事業を推進するとともに、送変電・配電機器のグローバル供給体制の強化につとめたいとしている。


▼外部リンク

東芝プレスリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2014_02/pr_j0701.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る