「ニッポン・スチール&スミキン・パイプ・メキシコ」が開所式

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. 「ニッポン・スチール&スミキン・パイプ・メキシコ」が開所式

「ニッポン・スチール&スミキン・パイプ・メキシコ」が開所式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月05日 06:00

メキシコ・アメリカ・日本から170名が出席
新日鐵住金株式会社(以下:新日鐵住金)は、1月31日付けで、メキシコ合衆国で自動車用鋼管の製造販売を行う「ニッポン・スチール&スミキン・パイプ・メキシコ」(以下:NPM)が、1月24日(金)に開所式を実施したことを発表した。

NPMは、新日鐵住金の連結子会社である日鉄住金鋼管株式会社が主に出資し、2012年6月、メキシコのグァナファト州シラオ市に設立。今回、メキシコ・アメリカ・日本から、NPMの出資者やメキシコ政府の関係者など、約170名が出席して、式典が執り行われた。

(画像はプレスリリースより)

世界で7カ国目となる新日鐵住金グループの拠点
NPMは、新日鐵住金グループの自動車用鋼管事業の海外展開において、世界で7カ国目、11か所目となる初の中南米の拠点。

電縫鋼管造管機、冷牽設備、切断機などを備え、2013年5月に営業運転を開始。従業員80人(2013年11月末現在)で、年間2.4万トンの自動車用機械構造用鋼管を生産している。

(画像はプレスリリースより)

メキシコのニーズを捕捉して高品質の製品を提供
同社によると、メキシコにおける自動車生産は、北米、メキシコ及び南米への輸出基地として拡大を続け、2013年には約300万台に達したという。今後、更に、日本を始めとする各国自動車メーカーが生産拡大を計画中で、それに伴って、自動車用鋼材のニーズも高まることが見込まれる。

新日鐵住金グループは、このニーズに対応し、最先端の技術による高品質の製品を提供することで、メキシコの自動車産業と経済の発展に貢献していきたいとしている。


▼外部リンク

メキシコの自動車用鋼管製造販売会社NPMが開所式を実施
http://www.nssmc.com/news/20140131_100.html

新日鐵住金株式会社
http://www.nssmc.com/

日鉄住金鋼管株式会社
http://www.nspc.nssmc.com/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る