3Dでインテリアをシミュレーションできる、株式会社リビングスタイル

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 3Dでインテリアをシミュレーションできる、株式会社リビングスタイル

3Dでインテリアをシミュレーションできる、株式会社リビングスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月15日 10:00

3Dインテリアシミュレーションシステム
株式会社リビングスタイルは、株式会社ディノス・セシールが展開している「ディノス」のウェブサイト上で、リビングスタイルが提供しているブラウザ上で動かすことができる3Dインテリアシミュレーションシステムが採用され、「ディノスルームコーディネート」として2014年1月10日よりサービスを開始すると発表した。

今後は3Dシミュレータを使って立体的に訴求することによって商品を理解してもらい、消費者の購入意欲を向上させていく。また消費者自身が自分でコーディネートを試すことができるため、カタログだけではイメージしづらいインテリアの設置イメージについて、自宅で具体的にシミュレーションすることができるようになる。

また、実際にシミュレーションした商品はそのままカートに投入することができるため、消費者にとってはストレスが少ない購入機会を提供することができる。

(画像は株式会社リビングスタイルより)

自宅で家具を置いたシミュレーションを行うことができる
リビングスタイルインテリアシミュレーションシステムは、マルチプラットフォーム、マルチデバイスで動作する3Dインテリアシミュレーション機能を中心とした販売促進システムだ。ウェブカタログ機能やマーケティング分析機能、顧客管理機能を統合している。

特長としてはまず、Webブラウザ上での簡単な操作ができるということだ。シミュレータシステムではプラグインをインストールすることによって、Internet ExplorerやFirefoxといったwebブラウザ上で動作できる。

操作は専門的な知識を必要とせず、マウスの操作だけで間取り作成、家具の選択・配置、3Dでのウォークスルーといった一通り操作することができ、イメージ通りのコーディネートを行う事ができる。

また、その他の特長として、実際の家具で具体的にイメージすることができるということがある。シミュレーションに使用する家具の3Dデータは、導入企業が製作又は販売する家具を3D化したものを利用することができるためだ。

このシステムでは自分の部屋の間取りの作成も可能であり、間取りツールを使用することによって、プリセットで予め用意された間取りだけではなく、実際の間取りと比較しながらミュレーションを行うことができる。


▼外部リンク

株式会社リビングスタイル プレスリリース
http://www.livingstyle.co.jp/pressrelease/20140110.html

インテリアショップ・メーカ向けソリューション
http://www.livingstyle.co.jp/service/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る