新日鐵住金 中国・武漢にてブリキの商業生産を開始

更新726

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 新日鐵住金 中国・武漢にてブリキの商業生産を開始

新日鐵住金 中国・武漢にてブリキの商業生産を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月12日 13:00

合弁会社WINSteelにて昨年12月より
新日鐵住金株式会社(以下:新日鐵住金)は、8日、同社と武漢鋼鉄(集団)公司(中国湖北省・武漢市、以下:武鋼)による合弁会社「武鋼新日鉄(武漢)ブリキ有限公司(以下:WINSteel)」において、2013年12月31日よりブリキの商業生産を開始したことを発表した。

WINSteelは、資本金18.5億人民元(約318億円)、出資比率は、新日鐵住金、武鋼、それぞれ50%。2011年10月の設立以降、工場の建設と立ち上げが進められていた。

(画像はプレスリリースより)

高品質のブリキを製造
WINSteelは、新日鐵住金が日本国内に持つ最新鋭設備と同レベルの設備を備え、高品質のブリキを製造することができるという。

昨年12月に稼働開始したのは、1号連続焼鈍処理設備(C.A.P.L.)1基と、1号電気錫めっき設備(ETL)1基。2013年10月には、すでに、酸洗・冷間圧延設備(CDCM)1基が稼働している。

また、現在、2号連続焼鈍処理設備(C.A.P.L.)1基と、2号電気錫めっき設備(ETL)1基が建設中だ。

(画像はプレスリリースより)

中国での食用・飲料缶の需要を補足
中国では、経済発展に伴って生活水準が向上したため、食品缶や飲料缶等に用いるブリキの需要が伸びている。WINSteelが主な市場として狙う中西部においても、今後の需要拡大が期待されている。

新日鐵住金は、この機会を捉え、同社の世界最高水準の技術と、武鋼の中国における事業基盤が融合したWINSteelにより、ブリキの提供を通じて中国の経済発展に貢献していくとしている。


▼外部リンク

中国ブリキ合弁会社の商業生産開始について
http://www.nssmc.com/news/20140108_100.html

新日鐵住金株式会社
http://www.nssmc.com/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る