セブンイレブン等小売店舗に太陽光・蓄電池を設置

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. セブンイレブン等小売店舗に太陽光・蓄電池を設置

セブンイレブン等小売店舗に太陽光・蓄電池を設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月20日 13:00

小売店舗に太陽光発電や蓄電池設備を設置
今冬に日本初の実証事業を開始する。三井物産プラントシステム株式会社、三井物産株式会社、京セラ株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、株式会社セブン−イレブン・ジャパンは、東京電力管内でセブン−イレブン店舗などの小売店舗約50店舗向けに太陽光発電や、蓄電池設備を設置する。

最先端のエネルギー管理・ICTシステムにより、店舗の消費電力を平準化するとともに、電力需給逼迫時に店舗に設置してある蓄電池を一斉に放電することによって、店舗の消費電力を地域横断的に削減するというものだ。

この事業は、三井物産プラントシステムが提案した「コンビニエンスストアを中心とする小売店舗向け蓄電池及び太陽光・蓄電池情報の一元管理システムの導入による実証事業」が、環境省の「平成25年度廃熱利用等によるグリーンコミュニティー推進実証事業」として採択されたことで実施するものだ。

(画像はプレスリリースより)

地域生活拠点として小売店舗の存在価値を高める
セブン−イレブン店舗、及び三井物産の取引先の小売店舗に太陽光発電設備、蓄電池を設置し、太陽光発電を利用した日中消費電力の平準化によって電力料金を削減する。またそれと共に、太陽光発電の電力を積極的に活用し、夏季期間中のピーク時間帯に蓄電池より店内に一斉放電することによって、ピーク時電力を削減する。

また災害時においての蓄電池から、コンビニエンスストア冷凍冷蔵設備への電力供給の実効性を実証。グリーンコミュニティーでの地域生活拠点としての小売店舗の存在価値を高めることができる。なお、実施期間は2016年3月迄の3年間を予定している。


▼外部リンク

京セラ株式会社 プレスリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2013/1203_gyut.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る