大林組 ラオスで水力発電所建設工事を受注

更新727

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大林組 ラオスで水力発電所建設工事を受注

大林組 ラオスで水力発電所建設工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月17日 09:00

黒部ダムの約11倍の貯水量
株式会社大林組は11月14日、ラオスのナムニアップ1水力発電所建設工事を受注したことを発表した。

(画像はニュースリリースより)

これはラオスとタイの国境を流れるメコン川の支流のナムニアップ川に、ダムと発電所を建設するもの。重力式コンクリートダムは高さ148m、堤頂長530m、堤体積約200万立方メートル、主発電所の出力は約270,000kW。総貯水量は黒部ダムの約11倍、日本国内最大の貯水量を誇る徳山ダムの約3倍となっている。

ナムニアップ1・パワー・カンパニー・リミテッド社による水力発電所建設プロジェクトで、同社は関西電力株式会社100%子会社であるケーピック・ネザーランド社、タイ電力公社の子会社であるエガット・インターナショナル社、ラオス政府全額出資の投資法人であるラオ・ホールディング・ステート・エンタープライズ社の出資により設立された。

2019年1月引き渡し予定
大林組はダム本体、発電所、管理用道路などの土木建築工事を行う。2013年度から2015年度にかけて道路・河川切り替え・基礎掘削・ダム用仮設備などの堤体準備工事を行い、2016年度から堤体コンクリート打設を開始する予定。引き渡し予定は2019年1月となっている。


▼外部リンク

株式会社大林組 ニュースリリース
http://www.obayashi.co.jp/press/news20131114_01

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る