住友林業 福島県双葉郡川内村に蓄光タイル工場を建設

更新523

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 住友林業 福島県双葉郡川内村に蓄光タイル工場を建設

住友林業 福島県双葉郡川内村に蓄光タイル工場を建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月18日 19:00

住友林業初の木造工場の設計・施工
10月16日、住友林業株式会社は福島県双葉郡川内村にて受注した蓄光タイル工場の設計・施工の着工を発表。
(画像はニュースリリースより)

建設には住友林業の100%子会社であるNelson Pine Industries Ltd.(ネルソン パイン インダストリーズ)で製造された構造用LVLが使用される。

工場内部にはオメガ・ウッドが採用され、幅約18m、奥行き約34mの無柱大空間を実現。オメガ・ウッドは株式会社大林組が開発し、ロングスパン架構の施工を可能とする。事務室や円取らすホールなどの床には105画の杉材を利用し、木質感あふれる室内とする。

この工場はコドモエナジー株式会社が復興促進と地域活性化を目的とし、川内村における新たな雇用創出や地場産業の確立を目指して建設するもの。コドモエナジーは経済産業省の取り組みの一環として福島県が実施している「ふくしま産業復興企業立地補助金」の対象企業として選定された。

復興支援として大きな意義
住友林業グループは2012年4月に東北復興支援室を設置、事業を通じた復興支援を行っている。ニュースリリースでは
今回の工場建設を通じて雇用創出などに寄与できることに大きな意義を感じています。(住友林業株式会社ニュースリリースより引用)

と述べられている。


▼外部リンク

住友林業株式会社 ニュースリリース
http://sfc.jp/information/news/2013/2013-10-16.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る