大和ハウス工業株式会社ら、和歌山の大規模メガソーラー事業に着手!大和ハウスグループでは最大規模!

更新528

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 大和ハウス工業株式会社ら、和歌山の大規模メガソーラー事業に着手!大和ハウスグループでは最大規模!

大和ハウス工業株式会社ら、和歌山の大規模メガソーラー事業に着手!大和ハウスグループでは最大規模!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月17日 15:00

ダイワハウスグループ最大のメガソーラー事業に着手!
大和ハウス工業株式会社、大和リース株式会社、株式会社ダイワサービスの3社は、2013年10月15日に和歌山市と事業協定書締結し、大和ハウスグループ最大規模のメガソーラー事業に着手したことを発表した。

このメガソーラーは、和歌山市加太の関西国際空港土砂採取事業跡地に建設される「DREAM Solor(ドリームソーラー)和歌山市加太」。

(この画像はプレスリリースより)

大規模メガソーラーの効果
このメガソーラーは、総出力約20MWと、大和ハウスグループでは最大規模のもので、さまざまな取り組みに役立てられる。

売電金額の3%は、和歌山市内の公園・緑地整備やLED街路灯の設置といった地球温暖化対策に活用される予定。発電所内の見学スペースは、小中学生向けの環境学習授業に役立てられる。

さらに、可搬式リチウムイオン蓄電システム「パワーイレ プラス」と可搬式(または固定式)の太陽光発電パネル(520W)を連係させた「ソーラーストレージ」10台を、和歌山市内の施設に寄贈する予定もたてられている。

太陽光発電パネルで日中に創りだされた電力が、「パワーイレ プラス」に蓄えられるので、独立電源システムとしても利用可能になっている。さらに、停電時のバックアップ電源、事業継続計画対策、CSR活動用としても利用可能。

2016年から20年間運営管理
このメガソーラー事業では、建設から運営までを大和ハウスグループがおこなう。これにより、再生可能エネルギー事業のワンストップサービスが提供される。

メガソーラー建設は、2014年6月1日の着工が予定され、竣工は2016年3月31日予定となっている。2016年4月1日には、関西電力株式会社に全量売電が開始される予定で、20年間運営管理がおこなわれることになる。

大和ハウスグループでは、2012年度までに約45MWの産業用太陽光発電所を受注してきた。そして、大和ハウスグループの運営する商業施設や工場跡地のメガソーラー運営もおこなってきた。

日本国内では、低炭素社会の実現のため、太陽光発電所の建設がますます活発化していくことになる。大和ハウスグループでは、今後も、これまでに培ってきた技術を活かし、2015年度までに計100MWの再生可能エネルギーによる発電事業に取り組んでいく心構えを示している。


▼外部リンク

大和ハウス工業株式会社によるプレスリリース
http://prtimes.jp

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る