Jパワー タイ・サラブリNKコジェネレーション発電所の運転を開始

更新223

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. Jパワー タイ・サラブリNKコジェネレーション発電所の運転を開始

Jパワー タイ・サラブリNKコジェネレーション発電所の運転を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月09日 10:00

タイ国電力公社に25年間、卸販売
電源開発株式会社(Jパワー)は10月2日、タイ・サラブリNK2コジェネレーション発電所が10月1日より営業運転を開始したと発表した。

(画像はニュースリリースより)

サラブリNK2コジェネレーション発電所はタイ・現地事業会社Gulf JP NK2社を通じてJパワーが開発を進めてきたもの。営業運転開始後はタイのSPPプログラム(小規模発電事業者買取保証制度)に基づいて25年間にわたりタイ国電力公社(EGAT)に電力を卸販売するとともに、周辺の一般顧客に電力・蒸気の販売を行う。

7件のSPPがすべ営業運転を開始
タイのSPP(Small Power Producers)とは
熱電併給装置、再生可能エネルギーなどを推進し、石油輸入・使用の削減を図ることを目的として創設された長期電力買取制度。タイ電力公社により9万kWまでの電力の買い取りを保証されている。(電源開発株式会社ニュースリリース添付書類より引用)

とされ、JパワーはタイでサラブリNK2コジェネレーション発電所のほか、サラブリ県で3件、チェチェンサオ県・ラヨン県・パトゥムタニ県で各1件のSPP事業を新規プロジェクトとして進めてきた。

今回のサラブリNK2コジェネレーション発電所営業運転開始によって、これら7件はすべて営業運転を開始したことになる。


▼外部リンク

電源開発株式会社 ニュースリリース
http://www.jpower.co.jp/news_release/2013/10/news131002

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る