大阪ガス イギリスで水道事業に参画

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 水処理>
  4. 大阪ガス イギリスで水道事業に参画

大阪ガス イギリスで水道事業に参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月05日 23:00

日本の都市ガス事業者では初の海外の水道事業進出
大阪ガス株式会社と住友商事株式会社は9月30日、住友商事が株式100パーセントを保有するイギリスの水道事業会社Sutton and East Surrey Water plc(SESW)の持ち株会社であるSummit Water UK Limitedの株式の50パーセントを大阪ガスの子会社である大阪ガスUK社が取得することについて合意し、株式売買契約に調印したことを発表した。

(画像はニュースリリースより)

このことにより大阪ガスは日本の都市ガス事業者としては初めて、海外での水道事業に参画することになる。

SESWは1862年に設立、1989年に民営化された水道事業会社で、ロンドン南東部地域の約28万件(約67万人)に対する上水供給を行う。

事業領域の拡大を図る
大阪ガスと住友商事は事業パートナーとなることで、大阪ガスが都市ガス事業で培った顧客サービスや維持管理などのノウハウ、住友商事の豊富な上下水処理事業経験を融合させ、事業基盤を強化することでSESWのさらなる企業価値向上を目指す。

大阪ガスは水ビジネスを環境・非エネルギー事業の新たな分野と位置づけ事業領域の拡大を、住友商事は水道コンセッション事業への参画を拡大しグローバルで包括的な水ビジネスの展開を図る。


▼外部リンク

大阪ガス株式会社 プレスリリース
http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2013/1205683

▼関連求人

水処理の求人


関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る