積水ハウス、世界初!超高層分譲マンションでエネファームとSEH蓄電システムを導入

更新918

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 積水ハウス、世界初!超高層分譲マンションでエネファームとSEH蓄電システムを導入

積水ハウス、世界初!超高層分譲マンションでエネファームとSEH蓄電システムを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月23日 06:00

一部住戸にエネファームとSEH蓄電システムを導入

積水ハウス株式会社2月21日は、大阪市中央区に建設中の超高層分譲マンション「グランドメゾン上町台ザ・タワー」に、大阪ガス株式会社と共同で家庭用燃料電池エネファームtypeSを全戸に、スマートエネルギーハウス蓄電システム(SEH蓄電システム)を一部住戸に導入する、と発表した。

一戸当たり年間CO2排出量52%、購入電力97%の大幅削減

集合住宅においては、一住戸あたりの屋根面積が小さいため、太陽光発電システムの導入による大幅なCO2排出量の削減が困難である。

そこで、燃料電池の導入が考えられるが、従来の燃料電池は、設置スペース、居住者の使用状況により発電量が変化する、などの課題があった。

積水ハウスは、大阪ガスの小型化した家庭用燃料電池エネファームtypeSを導入することで、設置スペースの問題を解決した。

また、エネファームtypeSを24時間700Wの定格出力で運転し、高効率の電気機器を使用することで、購入電力量の削減に貢献する。余った電力は、大阪ガスに売電することができるという。

一部住戸においては、集合住宅に世界初となるエネファームtypeSとSEH蓄電システムの両方を設置する。余った電力をSEH蓄電システムに充電し、これを使用することで、購入電力量をさらに削減することができる。

また、両方の導入により、標準家庭で、年間CO2排出量を52%、購入電力を97%も大幅に削減できるとのこと。

なお、「グランドメゾン上町台ザ・タワー」は、敷地面積約3,200平方m、延床面積30,300平方m、鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造の40階建、総住戸数244戸の超高層分譲マンションである。

竣工は、2019年12月の予定とのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

積水ハウス株式会社のニュースリリース
http://www.sekisuihouse.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る