京急電鉄、日本初!高架下にタイニーハウスホステルなどを2018年春開業

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 京急電鉄、日本初!高架下にタイニーハウスホステルなどを2018年春開業

京急電鉄、日本初!高架下にタイニーハウスホステルなどを2018年春開業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月03日 05:00

高架下にタイニーハウスホステルなど、日本初の複合施設

京浜急行電鉄株式会社(京急電鉄)は2月2日、京急線日ノ出町と黄金町駅間の高架下スペースに、日本初となる高架下タイニーハウスホステルやカフェラウンジ、水上アクティビティー拠点から構成される複合施設を2018年春に開業する、と発表した。

駅から徒歩圏内の高架下スペースに新たな複合施設

京急電鉄は、日ノ出町・黄金町エリアの高架下スペースに、文化芸術スタジオの連続的な整備を行うなど「アートによるまちづくり」を推進してきた。

また、隣接する大岡川は、神奈川県が策定した「大岡川河川再生計画」に基づき、桟橋が整備され、誰もが(everybody)簡単に(easy)操作でき楽しく(enjoy)体験(experience)できる手漕ぎボートであるEボート、SUP(Stand up paddle surfing)など「水上アクティビティー」が盛んである。

今回京急電鉄は、日ノ出町駅から徒歩約4分、黄金町駅から徒歩約7分に位置する、神奈川県横浜市中区日ノ出町2丁目において、高架下スペースに新たな複合施設を整備する。

複合施設は、敷地面積約495平方mに、タイニーハウスホステル、カフェラウンジ、シャワー・更衣室・トイレを完備し、SUP事業者施設などが入居する水上アクティビティー拠点となる。

アメリカ発祥とするタイニーハウス(小さな住まい)は、YADOKARI株式会社と連携し、まちに開かれたコミュニティスペースとして常設ホステル、カフェラウンジとする。

京急電鉄は、「アートによるまちづくり」や「水上アクティビティー」との相乗効果を図り、さらなるまちの賑わい創出と活性化を図る、という。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

京浜急行電鉄株式会社のニュースリリース
http://www.keikyu.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る