JR九州、熊本駅ビルの開発概要を発表

更新1217

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. JR九州、熊本駅ビルの開発概要を発表

JR九州、熊本駅ビルの開発概要を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月10日 00:00

「熊本駅ビル」の開発概要決定
九州旅客鉄道株式会社(JR九州)は11月8日、熊本駅周辺のまちづくりのメインとなる「熊本駅ビル」の概要がまとまった、と発表した。

熊本駅ビルは地下1階・地上12階建の複合施設
JR九州は、熊本駅を再開発し、熊本の陸の玄関口「熊本駅」に相応しい駅ビルを建設する。

計画の駅ビルは、敷地面積19,000平方m、延床面積107,000平方m、商業店舗面積37,000平方mで、地下1階・地上12階建の複合施設である。

地上9階~12階は、JR九州のプレミアム宿泊主体型ホテル「Blossom(ブラッサム)」が入居し、客室数200室になる予定である。

地上8階は、結婚式場と多目的バンケットとし、9階にチャペルを設置する。地上1階~7階は、シネマコンプレックスを含む商業施設となる。熊本の陸の玄関口として、新たなシンボル「水と緑の立体庭園」を設ける。

また、駅ビルに直結した800台収容の立体駐車場も整備する。

熊本駅ビルの工事着手は、2019年春で、開業は2021年春の予定だという。

駅ビル開発にあわせ、駅周辺の敷地面積約70,000平方mを活用し、線路高架下商業施設のリニューアルオープン、500台収容の北立体駐車場、800台収容の西立体駐車場、住居等の開発を計画しているとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

九州旅客鉄道株式会社のニュースリリース
http://www.jrkyushu.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る