京セラ、鹿児島国分工場に新工場を建設

更新122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 京セラ、鹿児島国分工場に新工場を建設

京セラ、鹿児島国分工場に新工場を建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月25日 01:00

高度情報化社会の到来により、データ処理が高速化・大容量化
2017年10月18日、京セラ株式会社は、鹿児島国分工場に新たに第4-1工場を建設することを決定し、鹿児島県知事の立会いのもと、地元自治体である霧島市と立地協定締結の調印式を執り行ったと発表した。

IoTの普及に伴うビッグデータやAIの活用などで、データ処理の高速化・大容量化が益々求められおり、データセンターなどでは、記憶媒体がHDD(ハードディスクドライブ)からSSD(ソリッドステートドライブ)などの半導体メモリへ移行し、スマートフォンやテレビなどのディスプレイには、高精細な有機ELを採用する動きが拡大してる。

このような状況で、半導体素子を製造する装置やディスプレイ製造装置などの需要増加に対応し、ファインセラミック部品関連事業の更なる拡大、および他事業の将来的な設備増設を見据えた生産スペースの確保を目的として、新工場を建設することとなった。
新工場の概要
新工場は、建築面積5,561.88平方メートル・延床面積29,232.18平方メートルの鉄骨・6階建で、2017年11月に着工し、2018年10月より半導体・液晶製造装置用のファインセラミック部品(以下、同製品)の生産を開始する予定。

また、同製品の生産能力を従来の約2倍にする計画で、初年度(2018年10月~2019年3月)の生産計画は約30億円だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

京セラ ニュースリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2017/1004_wwoi.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る