三菱商事、産業用施設の開発・大規模改修事業に参入

更新1211

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱商事、産業用施設の開発・大規模改修事業に参入

三菱商事、産業用施設の開発・大規模改修事業に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月17日 07:00

100億円規模の大型プロジェクト
三菱商事と三菱商事都市開発は9月13日、産業用施設の開発・大規模改修事業をスタートさせると発表した。

三菱商事都市開発が、千葉県市川市内にある冷凍冷蔵倉庫兼加工センターを主要用途とする産業用施設を2件取得。これを大規模改修する。

2件の事業に費やす費用はテナントの設備投資も合わせると、合計で約100億円となる見込み。冷凍冷蔵倉庫兼加工センターといった特定用途の産業用施設の開発事業は、三菱商事としては初の試みとなる。

老朽化した設備を改修し、テナントニーズに対応
取得した2件のうち、第1号案件は、築25年超の老朽化した施設。この施設を現在入居しているテナントの施設利用を継続しながら、最新設備への更新や外装の改修工事を行い、運営効率の向上と経費軽減を実現する。

第2号案件は、築15年超の汎用性の低い産業用施設。施設内のレイアウト変更など施設の利便性を高める大規模改修を行うことで、新たなテナントの誘致に成功した。

今後も三菱商事は総合商社の強みを生かし、事業会社が保有する不動産の有効活用をサポートする事業を一つの柱に据え、不動産開発事業の更なる拡大を図る方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三菱商事株式会社、三菱商事都市開発株式会社のプレスリリース
http://www.mitsubishicorp.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る