横浜市他3社、横浜市緑区最大級の複合開発始動!

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 横浜市他3社、横浜市緑区最大級の複合開発始動!

横浜市他3社、横浜市緑区最大級の複合開発始動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月14日 23:00

緑区十日市場センター地区内20・21街区の工事に着手
横浜市および東京急行電鉄株式会社、東急不動産株式会社、NTT都市開発株式会社の3社は9月12日、共同推進する「緑区十日市場町周辺地域持続可能な住宅地モデルプロジェクト」において、緑区十日市場センター地区内20・21街区の事業詳細が決定し、9月から本格的な工事に着手する、と発表した。

20街区のメインターゲットは子育て世代
20街区は、子育て世代がメインターゲット。分譲マンション、ミニスーパーなどの生活利便施設、子供たちの遊び場、地域住民のためのコミュニティスペースを設置する。

分譲マンション「ドレッセ横浜十日市場」は、敷地面積約14,700平方mに、鉄筋コンクリート造の地上14階建、地上9階建、地上11階建、総戸数311戸である。

売主は東京急行電鉄、東急不動産、NTT都市開発で、施工は株式会社長谷工コーポレーションが行う。また、株式会社東急コミュニティーが管理する予定である。

竣工は2019年7月下旬、入居開始は2019年9月下旬の予定とのこと。

21街区のメインターゲットはシニア世代
21街区は、シニア世代がメインターゲット。シニア用賃貸住宅、戸建住宅を予定している。シニア世代が、安心、安全で、高品質なサービスを受けられ、子供たちや地域住民と交流できる環境を提供する。

シニア用賃貸住宅「クレールレジデンス横浜十日市場」は、敷地面積約8,500平方mに、鉄筋コンクリート造の9階建である。

総戸数は213戸で、内訳は、サービス付き高齢者向け住宅が181戸、横浜市高齢者向け優良賃貸住宅が32戸となる。

事業主は東急不動産、運営会社は株式会社東急イーライフデザインの予定。設計は株式会社東急設計コンサルタント、施工は株式会社フジタが請け負う。

横浜市高齢者向け優良賃貸住宅の管理会社は、横浜市住宅供給公社が担う。

竣工は2018年12月、入居開始は2019年4月の予定とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東急不動産株式会社のニュースリリース
http://www.tokyu-land.co.jp/news/2017/000722.html

別掲
http://www.tokyu-land.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る