日産自動車など、分譲済みマンションでEV充電器を設置する実証プロジェクトを開始

更新1122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日産自動車など、分譲済みマンションでEV充電器を設置する実証プロジェクトを開始

日産自動車など、分譲済みマンションでEV充電器を設置する実証プロジェクトを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月03日 19:00

分譲済みマンションへのEV充電器設置の新たなスキーム
2017年8月29日、日産自動車株式会社(以下、日産)、日本電気株式会社(以下、NEC)、および株式会社大京アステージ(以下、大京アステージ)は、「分譲済みマンションにおけるEV(電気自動車)向け充電器設置に関する覚書」を締結したと発表した。

3社は、「分譲済みマンションへのEV充電器設置の新たなスキーム」を構築し、大京アステージが管理する首都圏の分譲済みマンションのうち、管理組合の合意が得られたマンションで実効性を検証していく。

実証スキームの概要
同スキームは、新たに「日産リーフ」を購入したマンション居住者が、駐車場に普通EV充電器を実質的に初期費用なしで設置できるようにするもので、月々のサービス基本料と電気料金のみで利用でき、マンション管理組合の費用負担もない。

さらに、NECのEVクラウドと連携した充電システムを導入することで、マンション管理組合は利用者の充電時間に応じて課金できる。

なお、日産は充電器設置の支援金を拠出し、NECは充電器の設置・運用やEVクラウドによる遠隔管理などを行う。

また、大京アステージは、管理組合や居住者へのサポートや対応、サービス基本料や電気代従量料金等の徴収、NECや電力会社への料金支払いなどを行う。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日産自動車 ニュースリリース
https://newsroom.nissan-global.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る