東レ、ハンガリーにPPS樹脂コンパウンド拠点を新設

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東レ、ハンガリーにPPS樹脂コンパウンド拠点を新設

東レ、ハンガリーにPPS樹脂コンパウンド拠点を新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月27日 19:45

PPS樹脂の市場が急拡大
2017年8月23日、東レ株式会社は、同社の米国子会社でラージトウ炭素繊維の世界最大の供給メーカーであるZoltek Companies, Inc.のハンガリー工場(以下、同工場)内にPPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂コンパウンド生産設備を新設すると発表した。

同工場での生産能力は年産3,000トンで、2018年3月からの稼働を目指す。東レグループが欧州に樹脂コンパウンド拠点を設置するのは今回が初めてだ。

なお、欧州においては、自動車の燃費やCO2排出量の規制、安全規制が世界で最も厳しく、欧州系自動車部品メーカーは、部材の樹脂化による軽量化やセンサー部材の開発などで、PPS樹脂の使用量を増やしている。

さらに、電気・電子機器、OA機器、住宅関連部品などの産業用途でも、PPS樹脂の市場が急拡大している。
世界最大の総合PPSメーカー
東レグループは、PPSベースポリマーとして年産27,600トンの生産能力を有し、ポリマー・コンパウンドから繊維、フィルムまで手掛ける世界最大の総合PPSメーカーだ。

2015年には、欧州での樹脂マーケティング・技術サービス機能を有する販売会社として、Toray Resins Europe GmbHをドイツに設立し、現地でテクニカルサービスを提供する体制を構築してきた。

この度、PPS樹脂の試作・生産拠点を同工場に設置したことにより、東レグループは、日本、中国(深セン、蘇州、成都)、韓国、タイ、アメリカ、ハンガリーの6ヶ国で、8拠点にPPS樹脂コンパウンド拠点を保有することになる。

(画像は東レ公式ホームページより)


▼外部リンク

東レ プレスリリース
http://www.toray.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る