スチールプランテック、インドネシアKOS社向けコンバインドミル設備を納入

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. スチールプランテック、インドネシアKOS社向けコンバインドミル設備を納入

スチールプランテック、インドネシアKOS社向けコンバインドミル設備を納入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月27日 06:00

建設市場の発展に伴い、棒鋼・形鋼の需要が堅調に推移
2017年8月22日、スチールプランテック株式会社(以下、スチールプランテック)は、インドネシアPT Krakatau Osaka Steel社(以下、KOS社)に、棒鋼・形鋼用コンバインドミル設備(以下、同設備)を納入し、現地で竣工式が行われたと発表した。

インドネシアは、地下鉄、高架鉄道、高速道路の拡充工事などインフラ整備をはじめとする建設市場の発展に伴い、棒鋼・形鋼の需要が堅調に推移している。

このような状況で、KOS社は、2014年、生産設備の新設を決定した。なお、KOS社は、大阪製鐵株式会社とインドネシア・Krakatau Steel社との合弁会社だ。

同設備は、バンテン州チレゴンのクラカタウ工業団地内のKOS社工場に納入され、既に2017年1月より営業生産が開始されている。
納入設備の概要
同設備は、生産量が年間50万トンの棒鋼・形鋼用コンバインドミル設備で、建設用棒鋼や山形鋼、溝形鋼、平鋼を含む各種形鋼を効率よく生産できる。

また、主な仕様は、全18スタンド(HLスタンド)、棒鋼水冷装置、冷却床、マーチャント精整で、所掌範囲は、加熱炉、圧延設備~精整、ロールショップ、水処理、試験設備、受変電設備など。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

スチールプランテック プレスリリース
http://steelplantech.com/ja/news/4881/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る