平和不動産など、日本橋兜町に国際金融都市にふさわしい複合ビルを建設

更新925

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 平和不動産など、日本橋兜町に国際金融都市にふさわしい複合ビルを建設

平和不動産など、日本橋兜町に国際金融都市にふさわしい複合ビルを建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月17日 17:00

日本橋兜町の新たな金融拠点
平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券は8月15日、「(仮称)日本橋兜町7地区開発計画」の概要を発表した。

この事業の計画地は、東京都中央区日本橋兜町7番。事務所、店舗、金融関連施設などから構成される15階建ての複合施設を建設する。

「国際金融都市・東京」にふさわしい機能を導入
施設には金融に関する情報発信や人材育成、投資家や企業との交流促進を図るための施設を整備し、東京証券取引所の機能変化によって不足する機能を導入。「国際金融都市・東京」構想の一翼を担うプロジェクトとなる。

地上と地下に歩行者空間を整備して回遊性の向上、災害時の帰宅困難者対応施設など地域防災力の強化、緑化空間の充実なども計り、都市再生へも貢献する施設を目指す。

また、にぎわいや憩いの拠点となる中庭やコミュニティカフェなどを整備し、地域のにぎわい作りにも貢献する。

敷地面積は約3,350平米、延床面積は約3万8,000平米。2018年度に着工し、2020年度に完成する予定だ。

今後は、国家戦略特別区域の特定事業としての認定を受けるために、諸手続きを進めていく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

平和不動産株式会社、山種不動産株式会社、ちばぎん証券株式会社のプレスリリース
http://contents.xj-storage.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る