大和ハウス、インドネシアにて大規模複合都市開発事業に初参画

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大和ハウス、インドネシアにて大規模複合都市開発事業に初参画

大和ハウス、インドネシアにて大規模複合都市開発事業に初参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月15日 16:00

「サウスイーストキャピタルプロジェクト(仮称)」に調印
大和ハウス工業株式会社と株式会社海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)は8月9日、インドネシアの中堅ディベロッパーTRIVO社が進める、インドネシア共和国ジャカルタ南東部における複合都市開発事業「サウスイーストキャピタルプロジェクト(仮称)」に関する調印式を行った、と発表した。

大和ハウス工業とJOINは、「サウスイーストキャピタルプロジェクト(仮称)」の事業会社、資本金3,900億インドネシアルピア(約34億円)のPT.Sayana Integra Properti(SAYANA社)の株式60%をTRIVO社より取得し、2017年秋より事業に参画する。出資額は、約40億円。

同時に、プロジェクト名を「SAKURA GARDEN CITY(サクラガーデンシティ)」に変更する。

総住戸数約5,000戸の高層分譲マンションを12棟建設
サウスイーストキャピタルプロジェクト(仮称)の計画地は、ジャカルタ特別州東ジャカルタ市シパユンビナマルガ通に位置し、2018年に開通予定のLRT新駅「シラカス」駅に隣接する。

ジャカルタ中心部から南東へ車で約1時間、約24km、LRTで約30分の交通利便性の高いエリアにある。

プロジェクトは、敷地面積約12万平方m(予定)に、延床面積約64万平方m(予定)、鉄筋コンクリート構造の高層分譲マンションを12棟建設する。

総住戸数約5,000戸のマンション、ショッピングモール、ホテル等を開発する。

大和ハウス工業は、インドネシアにおいて初めての複合都市開発事業になるという。

2017年11月の着工予定で、2017年秋に販売を開始し、2024年6月竣工予定とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大和ハウス工業株式会社のニュースリリース
http://www.daiwahouse.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る