CLTを駆使したアイディアを募集、「CLTデザインコンペ2017」開催

更新1118

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. CLTを駆使したアイディアを募集、「CLTデザインコンペ2017」開催

CLTを駆使したアイディアを募集、「CLTデザインコンペ2017」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月14日 06:00

CLTならではの新たなアイディアを募集
一般社団法人日本CLT協会は8月より、「CLTデザインコンペ2017」の募集受けつけを開始した。協賛は銘建工業株式会社およびライフデザイン・カバヤ株式会社。

ひき板(ラミナ)を並べ、繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料がCLT(Cross Laminated Timber)。日本CLT協会によれば、森林資源の有効活用や環境に優しい都市づくりなど、多くの面でその効果が期待されている材料であるという。

CLTはオーストラリアを中心に1995年ごろより普及が始まったのち、昨今では日本を含め、世界各国での利用例が急速に増加。断熱性と壁式構造の特性を生かす形で、戸建て住宅をはじめとする各種建築物での活用が広まりつつある。

こうした中で催される「CLTデザインコンペ」は、他材料・他構造の置き換えから一歩進んだ、CLTならではのデザインの創出を促すべく開催されるもの。「事務所部門」と「住宅部門」の2部門で、建築家・構造エンジニアからのアイディアを広く募集する。

銘建工業の事務所計画を提案する「事務所部門」
うち事務所部門は、岡山県真庭市の敷地にCLT長尺材を使った事務所施設設立を予定している銘建工業のために、従業員100名が働くこととなる事務所計画のプロポーザル提案を行うというもの。

最優秀賞に選ばれた1点は実際の設計契約を結ぶことができ、これとは別となる優秀賞1点には50万円が贈られる。締め切りは8月18日(金)。

モデルハウスのアイディアを募る「住宅部門」
一方の住宅部門は、岡山県岡山市南区の「カバヤの森」に建設される、ライフデザイン・カバヤ株式会社のモデルハウスのアイディアを募る内容。

このモデルハウスはCLTを使った2階建ての戸建て住宅で、延床面積は150~160平米が想定されている。最優秀賞に選ばれた作品1点は、基本設計契約のもと実際のモデルハウスとして建設される予定だ。

また、最優秀賞を獲得した場合は契約ではなく賞金100万円を選ぶこともでき、加えて他に選ばれる優秀賞1点には50万円、佳作2点には30万円がそれぞれ贈られる。こちらは10月10日(火)が提出締め切りだ。

「CLTアイディアコンテスト 2017」も併催
なお日本CLT協会では現在、3回目となる「CLTアイディアコンテスト 2017」の募集も併せて受けつけている。「CLTデザインコンペ2017」および「CLTアイディアコンテスト 2017」の詳細および申し込み方法は、特設ホームページを通じて公開中だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ライフデザイン・カバヤ株式会社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/000000016.000026371.html

特設ホームページ
http://clta.jp/compe/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る