データセンターの空調電力を最大50%削減!NECが省エネ冷却技術を新開発!

更新726

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. データセンターの空調電力を最大50%削減!NECが省エネ冷却技術を新開発!

データセンターの空調電力を最大50%削減!NECが省エネ冷却技術を新開発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月06日 10:00

NECが新しい省エネ冷却技術を開発
NECは、この度、データセンターに適用できる「多段式高効率冷却技術」を開発したことを発表した。

これにより、ラックに装備されたICT機器から出される熱を効率的に排出し、データセンターの空調電力が最大で50%削減することができるようになるという。

「相変化冷却技術」と「多段式高効率冷却技術」
NECはこれまで、「相変化冷却技術」を開発・実用化してきた。これは、冷媒が気化する際の熱エネルギーの伝導を利用した冷却技術で、効率のいい冷却をおこなえる技術である。

しかし、今回開発された「多段式高効率冷却技術」により、さらに効率的な省エネ冷却技術が誕生することとなった。

この技術は、機器から出される熱を拡散前に回収し、屋外へと排出することで、サーバルームの空調電力を最大50%まで削減することができるものである。

新しい開発技術の特徴
今回開発された技術は、以下の3つの特徴に分類される。
①受熱部の多段配置により、機器の排熱を漏らさず回収
②多段式に適した冷媒の分配・循環により、低コストと高信頼性を確保
③低環境負荷の冷媒を採用

(プレスリリースより)

この技術をデータセンターに利用することで、空調負荷をかけずに、ラックへ搭載するICT機器を増やすことが可能となり、処理能力の向上にもつながるという。

NECは、今後もさらなる省エネ活動に努めるとともに、より効率的なデータセンターへの活用を目指していくようだ。


▼外部リンク

NECによるプレスリリース
http://jpn.nec.com/press/201309/20130903_01.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る