NEC、インドの開発公社からIoTを活用した「高度交通運用管理システム」を受注

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. NEC、インドの開発公社からIoTを活用した「高度交通運用管理システム」を受注

NEC、インドの開発公社からIoTを活用した「高度交通運用管理システム」を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月13日 04:00

BRTと市バスの統合監視を実現
2017年7月12日、日本電気株式会社は、インドのグジャラート州政府とアーメダバード自治体によって設立されたアーメダバードスマートシティ開発公社(Smart City Ahmedabad Development limited)から、IoTを活用した安全で正確なバスの運行を実現する「高度交通運用管理システム」(以下、同管理システム)を受注したと発表した。

アーメダバード市は、教育・IT・化学産業が発展したインドを代表する主要な都市で、公共交通機関の利用者数は、バス高速輸送システム(Bus Rapid Transit、以下、BRT)が15万人/日、市バスが60万人/日と多く、先進的なICTの活用に積極的に取り組んでいる。

同システムは、BRTバス230台・停留所158カ所と、市バス850台・停留所11カ所向けに導入し、2017年度中の稼働を目指している。
「高度交通運用管理システム」の概要
同システムは、インド独自の非接触決済カードやスマートフォンを使った運賃支払いを実現する自動料金収受システムだ。乗客はスマートフォンから乗車券を購入でき、オペレーションセンターで自動改札機やバス車載器の状態を監視・管理することで乗客数などを正確な把握できる。

また、1,000台を超えるバスの位置情報をリアルタイムに可視化し、到着予測時間を算出してバスの定時運行を支援し、緊急事態の際は、中央管理センターとバスの双方向コミュニケーションも可能だ。

さらに、バス車内やバスターミナルに設置したディスプレイに、次のバスの到着予想時刻を正確かつタイムリーに表示し、次の停留所を知らせるアナウンスや案内表示も行う。

(画像はNEC公式ホームページより)


▼外部リンク

NEC プレスリリース
http://jpn.nec.com/press/201707/20170712_02.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る