大和ハウス工業、中部エリアの新社屋「大和ハウス名古屋ビル」竣工

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大和ハウス工業、中部エリアの新社屋「大和ハウス名古屋ビル」竣工

大和ハウス工業、中部エリアの新社屋「大和ハウス名古屋ビル」竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月08日 08:00

中部エリアにおける新拠点となる新社屋「大和ハウス名古屋ビル」竣工
大和ハウス工業株式会社は6月7日、名古屋市中村区に竣工した、中部エリアにおける大和ハウスグループの新拠点となる新社屋「大和ハウス名古屋ビル」に名古屋支店が移転する、と発表した。

高さ約90m、地上17階、地下2階の高層ビル
新社屋「大和ハウス名古屋ビル」は、延床面積約35,000平方m(約10,500坪)に、鉄骨造の高さ約90m、地上17階、地下2階の高層ビルである。

設計と施工は、株式会社竹中工務店が担った。

大和ハウス工業は、名古屋市中村区平池町のささしまライブ24地区において、中部エリアの拠点となる名古屋支社の新社屋「大和ハウス名古屋ビル」の建設を2014年10月に着手し、3月31日竣工した。新社屋での営業は、6月12日よりを開始し、グループ会社14社が順次移転するとのこと。

今後の発展が期待される名古屋駅南エリアのささしまライブ24地区に3月31日竣工した、複合施設「グローバルゲート」に移転する。

グローバルゲートは、大和ハウス工業も開発に参画した複合施設で、ホテルやオフィスが入居する高さ約170mの地上36階建の高層タワー、高さ約30mの地上4階建の商業施設とあわせ、ささしまライブ24地区の賑わいを創出するという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大和ハウス工業株式会社のニュースリリース
http://www.daiwahouse.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る