ケネディクスなど3社、東京都千代田区のオフィスビル「日比谷パークフロント」竣工

更新526

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ケネディクスなど3社、東京都千代田区のオフィスビル「日比谷パークフロント」竣工

ケネディクスなど3社、東京都千代田区のオフィスビル「日比谷パークフロント」竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月28日 00:00

オフィスビル「日比谷パークフロント」、5月31日竣工
ケネディクス株式会社、東急不動産株式会社および株式会社日本政策投資銀行は5月26日、3社共同出資のグリーンアセットインベストメント特定目的会社がオフィスビル「日比谷パークフロント」を5月31日(水)に竣工する、と発表した。

「公園の中のオフィス」をコンセプトにした地上21階建オフィスビル
日比谷パークフロントは、東京都千代田区内幸町二丁目に位置し、東京メトロ千代田線他「霞ヶ関」駅より徒歩3分、都営三田線「内幸町」駅より徒歩5分と交通利便性の高い好立地である。

日比谷公園が近接しており、「公園の中のオフィス」をコンセプトに、建物内外に豊かな樹木を配置した。

敷地面積6,089.61平方mに、延床面積67,123.88平方mの鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造の地下4階、地上21階建オフィスビルである。

設計・施工は、鹿島建設株式会社が担う。

建物には、高性能オイルダンパによる制震構造を採用した。また、災害時に備え、3回線スポットネットワーク方式受電の採用、非常用発電機の設置などにより、専有部・共用部への72時間分の電力を確保し、BCP(事業継続計画)対策も万全である。

省エネのため、LED照明や節水型トイレなどを採用。万一に備えて、入居者や地域の人々の安全を確保するため、約300人の一時滞留スペースを設けた。

1フロア約630坪の整形無柱空間
天井高3m、1フロア約630坪の開放的な整形無柱空間のため、入居者は自由にレイアウトすることができる。また、日比谷公園側の窓枠は、3.2mと広く開放感のある眺望を実現。外気を取り込むリフレッシュコーナーを設置し、自然を感じるオフィス空間を演出した。

最上階の21階には、約630平方mの入居者専用のスカイラウンジ・スカイガーデンを設置し、豊かな樹木を配した。

1階と地下1階は、ショップとレストランゾーン「日比谷グルメリウム」とし、6月19日(月)にオープンする予定とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ケネディクス株式会社のニュースリリース
http://v4.eir-parts.net/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る