阪神電鉄とJR西日本、大阪市福島区でホテルと商業施設の複合ビルを共同開発

更新1118

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 阪神電鉄とJR西日本、大阪市福島区でホテルと商業施設の複合ビルを共同開発

阪神電鉄とJR西日本、大阪市福島区でホテルと商業施設の複合ビルを共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月10日 23:00

大阪市福島区福島で各々の土地を一体的に共同開発
阪神電気鉄道株式会社(阪神電鉄)と西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)は5月9日、大阪市福島区において、阪神電鉄の所有する土地と隣接するJR西日本の所有する土地を、ホテルと商業施設が入居する複合ビルとして、初めて一体的に共同開発する、と発表した。

地上12階建のホテル・商業施設
阪神電鉄の所有する大阪市福島区福島5丁目とJR西日本が所有する福島区福島7丁目は、JR大阪環状線福島駅から徒歩3分、阪神本線福島駅から徒歩6分と交通利便性の優れた好立地である。

しかし、現在まで土地の形状などの問題があり、十分な土地活用が図られなかった。そこで、両社は、土地の高度利用を目的に一体的に共同開発することにした。

敷地面積は、阪神電鉄所有の1,785平方mとJR西日本所有の799平方mを併せ、2,584平方mとなる。

床面積11,079平方m(3,351坪)を予定しており、地上12階建のホテル・商業施設を建設する。

ホテルゾーンは地上1階~12階で、株式会社阪急阪神ホテルズが入居する予定。

東京オリンピック・パラリンピックなどを控え、ビジネス客のみでなくファミリー層をもターゲットとして、客室約250室の宿泊主体型ホテルとする。また、近接するホテル阪神と一体的運用を図る。

商業ゾーンは、地上1階~3階で、エイチ・ツー・オーリテイリンググループの株式会社阪急オアシスが入居予定である。

2019年春の開業を目指す
今後、2017年8月に建築工事に着手し、2019年春の開業を目指すという。

両社は、駅近に複合ビルを開発し、国内外からの観光客などの増加による宿泊施設の不足に対応するとともに、鉄道沿線の利便性を一層高め、地域と共に沿線の活性化を推進する、とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

阪神電気鉄道株式会社のニュースリリース
http://www.hanshin.co.jp/company/press/detail/1918

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る