阪急不動産と西日本鉄道、ベトナムで大規模開発プロジェクト、総開発面積26ha超の大規模住宅を開発

更新1214

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 阪急不動産と西日本鉄道、ベトナムで大規模開発プロジェクト、総開発面積26ha超の大規模住宅を開発

阪急不動産と西日本鉄道、ベトナムで大規模開発プロジェクト、総開発面積26ha超の大規模住宅を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月18日 04:00

ベトナム国ホーチミン市で共同分譲住宅事業に着手
阪急不動産株式会社と西日本鉄道株式会社は4月17日、ベトナム国ホーチミン市において、ベトナム南部の大手住宅デベロッパーであるナムロン・インベストメント・コーポレーションと共同分譲住宅事業「MIZUKI PARK(ミズキパーク)プロジェクト」に着手する、と発表した。

26ha超の敷地に、約4,840世帯、約15,860人が生活する大規模複合開発
MIZUKI PARプロジェクトは、ベトナム社会主義共和国ホーチミン市ビンチャイン県で実施され、住宅開発が盛んな同市の南側エリアに位置し、今後発展が見込まれるエリアである。

また、計画予定地内には、利便性の高い幹線道路(グエンバンリン大通り)に通じる道路が計画されており、ホーチミン市中心部へも通勤圏内となる。

プロジェクトの名称「MIZUKI」は、花の「ミズキ」にちなみ、豊かな自然環境の「水」と「樹」を結び合わせた。

プロジェクトは、26ha超(262,946平方m)の敷地に、約4,670戸超の分譲マンション、約100戸超の戸建、約60戸超のタウンハウスを含め合計約4,840世帯、約15,860人が生活する大規模複合開発を予定。

総事業費は、約8兆ベトナムドン(約420億円)になる見込みである。

敷地内には、人工河川、緑、教育・医療施設、商業施設も建設予定で、ホーチミン市内において付加価値の高いものとなる。

ベトナム国内のアッパーミドル層を主なターゲットとして、これまでの分譲マンションのブランド名「FLORA(フローラ)」を予定している。

海外不動産事業を推進
今回のプロジェクトは、阪急不動産・西鉄・ナムロン3社共同で行う第4号案件となる。

第1号案件は分譲マンション「FLORA-ANH DAO-(フローラ アンダオ)」、第2号案件は分譲マンション・戸建住宅の複合開発「FUJI RESIDENCE(フジレジデンス)」、第3号案件は分譲マンション・戸建住宅の複合開発「KIKYO RESIDENCE(キキョウレジデンス)」であった。

阪急不動産と西鉄は、海外不動産事業のノウハウを蓄積しつつ、ベトナムなどASEAN諸国において更なる開発を推進するという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

阪急不動産株式会社のニュースリリース
http://www.hankyurealty.jp/data/pdf/2_197.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る