東急不動産、物流施設開発事業に参入!埼玉県と三重県で2つのプロジェクトに着手

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東急不動産、物流施設開発事業に参入!埼玉県と三重県で2つのプロジェクトに着手

東急不動産、物流施設開発事業に参入!埼玉県と三重県で2つのプロジェクトに着手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月23日 13:00

物流施設開発事業に参入し、2プロジェクトに着手
東急不動産株式会社は3月22日、物流施設開発事業に参入し、埼玉県春日部市の「(仮称)春日部物流センター」および三重県桑名市の「(仮称)桑名プロジェクト」の2プロジェクトに着手した、と発表した。

東急不動産は、Eコマースのニーズ拡大に伴い、今後も物流施設のニーズが拡大するとの見込みから、物流施設開発事業に参入する。

(仮称)春日部物流センター
東急不動産、三菱UFJリース株式会社、ケネディクス株式会社と共同出資する特定目的会社が事業主体となり、埼玉県春日部市下柳六畝に「(仮称)春日部物流センター」を開発する。

計画地は、国道16号と4号の交差点に近く、東京都心部から約30kmと交通利便性の高いエリアである。交差点は、東埼玉道路「庄和I.C.」の建設予定地になっており、今後ますます交通利便性が拡大すると見込んでいる。

敷地面積17,950.53平方mに、延床面積38,853.29平方mの地上4階建の大型マルチテナント型物流施設を建設する。1階に両面トラックバースを設置し、最新鋭の倉庫仕様など物流システムの効率的化を図っている。

アセットマネジメント業務はケネディクスが担い、設計・施工は株式会社フジタが行う。

2017年2月に着工し、2018年2月に竣工予定である。

(仮称)桑名プロジェクト
東急不動産、大和ハウス工業株式会社、アール・アイ・シー・マネジメント株式会社と共同出資する特定目的会社が事業主体となり、三重県桑名市多度町力尾の工業団地「テックベース桑名」内に、物流施設開発用地を2月7日取得した。

計画地は、東名阪自動車道「桑名I.C」「桑名東I.C」から車で約10分と近く、名古屋市内および名古屋港への交通利便性に優れた立地である。東日本と西日本の新たな結節点となることを期待している。

敷地面積70,253.35平方mに、大型マルチテナント型物流施設を建設する計画である。

アール・アイ・シー・マネジメントがアセットマネジメント業務を担う。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東急不動産株式会社のニュースリリース
http://www.tokyu-land.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る