三井不動産レジデンシャルなど7社、首都圏最大級のミクストユースの街づくり「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」が始動

更新1022

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三井不動産レジデンシャルなど7社、首都圏最大級のミクストユースの街づくり「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」が始動

三井不動産レジデンシャルなど7社、首都圏最大級のミクストユースの街づくり「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」が始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月17日 12:00

幕張新都心最後の大規模住宅「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」
三井不動産レジデンシャル株式会社など7 社は3月16日、千葉市幕張新都心最後の大規模住宅地区となる「幕張新都心若葉住宅地区」(幕張若葉地区)において、住宅・オフィス・商業の複合機能を備えたミクストユースの街づくり「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」を始動する、と発表した。

7社とは、三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、伊藤忠都市開発株式会社、東方地所株式会社、株式会社富士見地所、袖ヶ浦興業株式会社のこと。

約1万人が生活する街を開発
(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクトは、千葉市幕張若葉地区において、2029年春を目途に、総面積17万5,809平方mを8区画に分け、総計約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が生活する街を開発する計画である。

「全米一住みたい街」ポートランドをモデルに、ミクストユースの街づくりによる「街の賑わい」の創出、「全米一の設計事務所」提案による地域特性を活かした「コミュニティ形成」を促す街づくり、複合機能やICT の活用による次世代の生活インフラの構築、を目指すという。

プロジェクトの第1弾は、503戸の分譲住宅事業
プロジェクトの第1弾として、分譲住宅事業「(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス」の建設と販売を行う。

分譲住宅は、千葉県千葉市美浜区若葉三丁目に位置し、JR京葉線「海浜幕張」駅から徒歩15分、成田空港と東京都心のほぼ中間にあり、都内・各空港へのアクセスが良く交通利便性が高い好立地にある。

敷地面積17,118.71平方mに、鉄筋コンクリート造の地上37階建タワー棟と、鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造の地上8階建レジデンス棟を建設する。

分譲住宅は、間取り2LDK~4LDKの専有面積58.97平方m~104.35平方m、バルコニー面積10.86平方m~47.17平方m、総戸数503戸である。

タワー棟の竣工は2018年12月中旬の予定、レジデンス棟は2018年12月中旬を予定している。

販売開始時期は、2017年11月下旬の予定である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三井不動産レジデンシャル株式会社のプレスリリース
http://www.mfr.co.jp/company/news/2017/pdf/0316_01.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る