東洋エンジニアリングの韓国法人、インドネシアで石油化学プラントを連続受注

更新1122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東洋エンジニアリングの韓国法人、インドネシアで石油化学プラントを連続受注

東洋エンジニアリングの韓国法人、インドネシアで石油化学プラントを連続受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月07日 03:00

ポリエチレン製造設備のFEED業務を受注
東洋エンジニアリンググループ(TOYO)の韓国法人Toyo-Koreaは3月2日、インドネシア最大の石油化学会社チャンドラアスリ・ペトロケミカル(CAP)から、ポリエチレン製造設備のFEED業務を受注した、と発表した。

FEED (Front End Engineering Design)とは、EPC(設計・調達・工事)の前段階で、技術的課題や概略費用などを検討する基本設計のこと。

年産40万tのポリエチレン製造設備を新設
今回のプロジェクトは、CAPがインドネシア・ジャワ島西部チレゴンの石化コンプレックス内に、年産40万tのポリエチレン製造設備を新設するもの。

ポリエチレン製造設備は、高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LLDPE)、メタロセン低密度ポリエチレン(mLLDPE)を生産することが可能である。

2017年1月には、Toyo-KoreaとTOYOのインドネシア法人イーカーペーテー(IKPT)が、CAPの子会社ペトロケミヤ・ブタジエン・インドネシアから、インドネシア・ジャワ島西部チレゴンにおいて、ブタジエン製造設備のEPCを受注した。

ブタジエン生産能力を、現在の年産10万tから13万7,000tへ増強するプロジェクトで、プラントの完成は、2018年夏の予定。

TOYOは、CAPのプロジェクトに多くの実績がある。現在仏ミシュランとCAP子会社との合弁会社、シンセティック・ラバー・インドネシア向けに、合成ゴム製造設備を建設中である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東洋エンジニアリング株式会社のニュースリリース
http://www.toyo-eng.com/jp/ja/company/news/?n=583

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る