JFEエンジニアリング、水俣市で地域新電力の実証試験をスタート

更新1022

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. JFEエンジニアリング、水俣市で地域新電力の実証試験をスタート

JFEエンジニアリング、水俣市で地域新電力の実証試験をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月28日 12:00

官民連携による電力事業
JFEエンジニアリングは、2月27日、熊本県水俣市およびJNCと共同で、「再生可能エネルギーを中心とした電力による水俣市保有施設への電力供給」の実証試験を行うことを発表した。

実証試験の概要
今回のプロジェクトは、CO2を大幅に削減する地域新電力の実証試験で、2017年2月から2018年3月まで実施される計画だ。

具体的には、同社が保有する再生可能エネルギー発電所と、JNCが保有する水力発電所からの電力を合わせた約1,000kWを、同社子会社のアーバンエナジーを通じて、水俣市役所等、市が保有する施設に2017年度の早い時期より供給する。

供給開始後、半年ないしは1年を目処に、CO2排出量削減や、供給の安定性、料金削減などを確認。効果確認後、水俣市、JNCおよび同社の3者は、共同出資による地域エネルギー供給会社設立に向け、協議をスタートする予定である。

地域エネルギー供給会社として
熊本県内では、球磨川流域等の豊かな水量を活かし、大規模な水力発電が行われている。

同社は、今後も地域の特性を見極めながら、地域とともに歩む地産地消型エネルギー供給事業を推進し、環境負荷とエネルギーコスト低減に貢献していく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング プレスリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/2017/20170227080308.html

水俣市 ホームページ
http://www.city.minamata.lg.jp/

JNC ホームページ
http://www.jnc-corp.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る