東レ、愛媛工場における燃料電池電極基材の大型生産設備を新設

更新1215

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東レ、愛媛工場における燃料電池電極基材の大型生産設備を新設

東レ、愛媛工場における燃料電池電極基材の大型生産設備を新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月23日 17:00

燃料電池スタックの電極基材用カーボンペーパーの大型生産設備を新設
2017年2月22日、東レ株式会社は、愛媛工場(愛媛県伊予郡松前町)において、燃料電池スタック電極基材用カーボンペーパーの大型生産設備の新設を決定したと発表した。

滋賀事業場の約5倍の生産能力を持ち、高付加価値のカーボンペーパーを効率的に生産できる最新鋭の設備を新たに設置する。2018年5月の完成を目指す。

燃料電池スタックの電極基材用カーボンペーパーは、省スペース化に貢献し、ガス拡散性、耐久性などが評価され、燃料電池スタックの性能向上に貢献している。トヨタ自動車株式会社の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」や、本田技研工業株式会社の燃料電池車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」に相次いで採用された。
水素社会の需要拡大に対応
燃料電池自動車は、走行中にCO2を発生させない環境車として、水素社会構築の一翼を担っており、国内外自動車メーカー各社では、2020年近傍に販売開始予定の次世代モデルの開発が本格化している。また、定置型燃料電池やフォークリフト向けなどの需要の伸びも期待されており、生産能力を大幅に増強する必要があると判断した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東レ プレスリリース
http://www.toray.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る