電源開発、「ウェストモアランド火力発電所」プロジェクトに参入

更新327

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 電源開発、「ウェストモアランド火力発電所」プロジェクトに参入

電源開発、「ウェストモアランド火力発電所」プロジェクトに参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月17日 13:45

北米投資を拡大
電源開発(Jパワー)は、1月12日、米国現地法人を通じて、テナスカ・ペンシルバニア・パートナーズ社(以下、テナスカPP社)が所有する、米国「ウェストモアランド火力発電所」プロジェクトの権益を、25%取得したことを発表した。

なお、テナスカPP社は、米国の独立系大手エネルギーグループであるTenaska,Inc.の関係会社(以下、テナスカ社)および三菱商事の100%子会社であるDiamond Generating Corporation(以下、DGC社)が出資する米国法人。今回の権益取得により、残りの75%は、テナスカ社とDGC社が所有することとなった。

新発電所の概要
テナスカPP社は現在、米国ペンシルバニア州ウェストモアランド郡ピッツバーグより南東約60キロメートルの地に、「ウェストモアランド火力発電所」を建設している。

出力規模は92万6,000キロワット、燃料に天然ガスを用い、発電方式にはコンバインドサイクルガスタービンを採用した発電所であり、2018年中に営業運転をスタートする計画だ。

なお、運転開始後は、米国最大の電力自由化市場であるPJMに供給する予定である。

海外持分出力目標は1,000万キロワット
今回の権益取得により、同社の北米投資は11プロジェクト、営業運転開始後の持分出力は、約200万キロワットとなる。

米国は、自由化の先進市場。同社は、海外発電事業を推進し、2025年度の海外持分出力1,000万キロワットの実現を目指すかまえだ。

(画像は電源開発のホームページより)


▼外部リンク

電源開発 プレスリリース
http://www.jpower.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る