JFEエンジニアリング、大田市場内で花き荷捌施設を竣工

更新429

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. JFEエンジニアリング、大田市場内で花き荷捌施設を竣工

JFEエンジニアリング、大田市場内で花き荷捌施設を竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月18日 23:00

花き荷捌施設「OTA花ステーション」が完成
JFEエンジニアリング株式会社は12月16日、東京都中央卸売市場大田市場内の花き荷捌施設「OTA花ステーション」を完工した、と発表した。

OTA花ステーションの事業主は、花き卸売国内最大手である株式会社「大田花き」の100%子会社である株式会社大田ウィングス。

自動仕分設備の組み込みにより、従来比1.4倍の荷捌が可能
OTA花ステーションは、大田ウィングスが、大田市場花き部内にコールドチェーン対応荷捌施設として計画。

JFEエンジニアリングは、事業の計画当初より参画し、施設の提案・設計・施工までを一貫して請負った。通常営業を続けながら拡張工事を行い、短期間で竣工した。

OTA花ステーションは、敷地面積約5,800平方メートル、延床面積約12,200平方メートルで、鉄骨造の地上3階建ての施設である。

施設内には、約4,400平方メートルの大型保冷保管場を備えており、既存の入出荷設備を延長して、新設の搬送用コンベヤと自動仕分設備とを連携させた。

この新しい設備により、花きの鮮度を保持したまま、効率的に大量の荷捌を行う効率を高めた。

その結果、スピーディーな物流ニーズに対応することができ、従来の1.4倍に当たる年間1,000万ケースの取り扱いが可能になった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング株式会社のニュースリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2016/20161216080751.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る