JLL、メドラインの新物流センター設立プロジェクトを完了

更新223

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 不動産・住宅>
  4. JLL、メドラインの新物流センター設立プロジェクトを完了

JLL、メドラインの新物流センター設立プロジェクトを完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月15日 17:00

愛知県愛西市に愛西物流センターを新設
ジョーンズ ラング ラサール株式会社(JLL)は12月12日、メドライン・ロジスティクス・ジャパン合同会社(MDL)が愛知県愛西市に新設した愛西物流センターの新築工事プロジェクト業務を受託し、完了した、と発表した。

MDLは、米国イリノイ州マンデレインに本社を置き、不織布製品のドレープやガウン、手袋、マスクなど手術用ディスポーサブル製品などを中心に12万5,000種を超えるアイテムを誇る米国最大規模の医療用品メーカー。

工事計画の初期段階からプロジェクトに参画し全面サポート
JLLは、2015年2月にMDLより、新規の愛西物流センター新築工事プロジェクト業務を受託した。

愛西物流センターは、名古屋港から約1時間、高速道路インターからも5分以内にある愛知県愛西市に建設された。敷地面積2万8,000平方メートル、延床面積4万8,000平方メートルの5階建ての建物である。

JLLは、工事の計画初期段階からプロジェクトに参画し、設置場所選定、土地購入、施設設計、建設工事、施工管理、設備の導入、入居までを全面的にサポートした。

工事には、経験豊富なスタッフを現場に常駐させ、工程の管理、複数の工事関係者との調整、安全管理、品質管理などを円滑に行い、短期間で物流センターを立ち上げた。

JLLは、MDLのプロジェクト要件である倉庫とオフィス業務の効率化、建物の質を下げずに大幅なコストダウンを期日内に実現した。

(画像はJLLホームページより)


▼外部リンク

ジョーンズ ラング ラサール株式会社のニュースリリース
http://www.joneslanglasalle.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る