廃棄物焼却施設のボイラー放射室に「水噴射クリーニングシステム」を新発売

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 環境プラント>
  4. 廃棄物焼却施設のボイラー放射室に「水噴射クリーニングシステム」を新発売

廃棄物焼却施設のボイラー放射室に「水噴射クリーニングシステム」を新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月12日 20:00

新システムで発電効率向上に貢献
JFEエンジニアリングは、12月5日、廃棄物焼却施設のボイラークリーニングシステムについて、これまでの蒸気吹き付け方式、圧力波方式に加え、新たに水噴射方式を追加し、ラインナップを拡充したことを発表した。

同社は、半年におよぶ実証試験の結果、ボイラーの熱回収能力の回復と、発電量の増加を確認。また、ダスト付着を最小限に抑えられることから、ボイラー寿命の延長、より大きな発電効率の向上も期待できることが判明したという。

「水噴射クリーニングシステム」の概要
今回同社が追加した「水噴射クリーニングシステム」は、大型ボイラーでも1台で清掃が可能な、高効率なシステムを搭載。

グループ企業のBaumgarte Boiler Systems GmbH社が製造し、同社が今回、日本国内向けにアレンジしたもので、クリーニング装置先端のノズルが垂直方向に移動しながら水を噴射し、運転中のボイラー放射室内のダストを除去。また、クリーニング装置本体を水平方向に移動させることもできるという。

地球環境保全に貢献
新システムは、ボイラーのダスト付着状況や性状により、従来の圧力波方式、水噴射方式との同時設置も可能だ。

同社は今後も、廃棄物発電プラントにおける課題解決に取り組み、低炭素社会の実現に貢献していく考えである。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング プレスリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2016/20161205091719.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る