NEDO、インドの病院でエネルギーマネジメント最適化の実証事業

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. NEDO、インドの病院でエネルギーマネジメント最適化の実証事業

NEDO、インドの病院でエネルギーマネジメント最適化の実証事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月07日 16:15

病院丸ごと省エネし、その効果を検証
NEDOは12月1日、インドの病院にて省エネシステムの最適化を検証すると発表した。

全インド医科大学ニューデリー校にて行うもので、太陽光発電や省エネ設備、ICTなどを導入し、エネルギー制御ネットワークを作成。その効果を検証するとともに、消費電力30%削減を目指す。

エネルギーマネジメントで電力使用を最適化
具体的には、太陽光発電設備の新設による商用電力の使用量を削減、既存の空調機器や照明などの高効率ユーティリティ設備への入れ替え、エネルギーマネジメントシステムによる電力使用の最適化を行い、省エネ型ICT Platformを構築する。さらに医療画像データを電子管理し、病院の運営効率も高める。

これらによって最適なエネルギーマネジメントが可能かどうかを実証するとともに、2014年度比で消費電力の30%削減を目指す。

将来的には各種設備条件や気象条件などに基づいたエネルギー需要を予測し、ユーティリティ設備の最適運転計画によるさらなる省エネを図る予定だ。病院運営面でもITソリューションによる医療データの統合によって業務の効率化を図り、病院全体でのエネルギー使用量を抑える計画を立てている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプレスリリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100683.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る