関西電力、太陽光発電プロジェクトをモルディブに無償譲渡

更新626

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 関西電力、太陽光発電プロジェクトをモルディブに無償譲渡

関西電力、太陽光発電プロジェクトをモルディブに無償譲渡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月16日 16:00

ディフシ島に出力40キロワットの太陽光発電設備を設置
関西電力は11月15日、モルディブの太陽光発電プロジェクト「ディフシ・ソーラーアイス・プロジェクト」を無償譲渡を行ったと発表した。

モルディブ政府からの要請を受けて、平成26年5月から取り組んでいたプロジェクトで、ディフシ島に出力40キロワットの太陽光発電設備を設置し、電力供給を行うもの。

太陽光発電の課題となる「天候による発電量の変動」に対応するため、島の主要産業である漁業に必要な製氷機を併設し、発電量が増えた際には電力を製氷に使用することで、太陽光発電の最大限の活用と電力の安定供給を図った。

5年間は運転状況のモニタリングを実施
11月6日に全工事が完成したため、11月14日なモルディブ共和国の首都マレにて設備譲渡式を執り行い、太陽光発電設備や製氷機などプロジェクトに係る設備一式を、関西電力からモルディブ共和国へ無償譲渡した。

設備の保守・運用などはモルディブ政府が行うが、設備点検や電力供給の安定化を確認するために今後5年間は関西電力が運転状況のモニタリングを行う予定だ。

なお、このプロジェクトはGSEPの開発途上国支援プロジェクトとして、日本、モルディブ両政府および関西電力による官民連携事業となる。資金の一部は外務省の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」から拠出された。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

関西電力株式会社のプレスリリース
http://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2016/1115_1j.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る