国際石油開発帝石、島根・山口沖の基礎試錐を完了

更新430

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 国際石油開発帝石、島根・山口沖の基礎試錐を完了

国際石油開発帝石、島根・山口沖の基礎試錐を完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月31日 06:00

経済産業省から受託した国内石油天然ガス基礎調査事業
国際石油開発帝石が6月5日から行ってきた島根県及び山口県沖合における掘削調査が、10月26日に終了した。

この調査事業は経済産業省資源エネルギー庁から、「平成26~28年度国内石油天然ガス基礎調査事業(海上基礎試錐)」として受託したもの。

掘削場所は島根県北西沖合から約130キロメートル、山口県北沖合からは約140キロメートル、水深約210メートルの地点で、海底面下約2,900メートルまでの掘削を行った。この地域の試掘は、36年ぶりとなる。

最深部に高圧のガス層の可能性
今回の調査で浅部に薄いガス層を確認するとともに、以深部においてもガスの徴候が認められた。さらに最深部においては高圧のガス層の可能性を示す、想定外の強力なガス徴が見つかったという。

今後は今回の調査結果を踏まえ、引き続き島根・山口沖における有望構造の探鉱を進めるために、調査で得られた地質データを詳しく解析・評価し、石油・天然ガスの賦存状況を調べていく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

国際石油開発帝石株式会社のプレスリリース
http://www.inpex.co.jp/news/pdf/2016/20161028.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る