日立造船、春日部市豊野環境衛生センター基幹的設備改良工事を受注

更新921

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日立造船、春日部市豊野環境衛生センター基幹的設備改良工事を受注

日立造船、春日部市豊野環境衛生センター基幹的設備改良工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年09月30日 15:30

ごみ処理施設の改良工事を受注
日立造船は、9月28日、埼玉県春日部市より、春日部市豊野環境衛生センター基幹的設備改良工事を、48億4,900万円(税抜き)にて受注したことを発表した。

プロジェクトの概要
このプロジェクトは、環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費交付金」を利用した事業。同施設は、稼働開始後23年目を迎え、老朽化していることから、機能回復による延命化を図る。

具体的には、燃焼設備、蒸気タービン発電機、プラント運転システム等の基幹的設備を更新および新設。発電出力をこれまでの1,900kWから3,100kWに増強し、長寿命化だけでなく、省エネ化により、CO2排出量を現状より3%以上削減する計画だ。

なお、同施設の完成時期は、2019年3月の予定である。

環境保全に貢献
同社は、日本初のごみ焼却発電プラントを、1965年に大阪市へ納入。近年では、ごみ焼却プラントの基幹的設備改良工事の需要が増加しており、今年9月現在で受注数は累計25件にのぼる。

今後も、これまで培ってきたEPC事業、運転・運営事業等での豊富な知見と技術を生かし、資源・エネルギーの有効利用に取り組むとともに、低炭素社会の実現を目指す方針である。


▼外部リンク

日立造船 プレスリリース
http://www.hitachizosen.co.jp/news/2016/09/002312.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る