物流施設「プロロジスパーク茨木」にてニトリと賃貸契約を締結

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 物流施設「プロロジスパーク茨木」にてニトリと賃貸契約を締結

物流施設「プロロジスパーク茨木」にてニトリと賃貸契約を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年09月26日 18:00

マルチテナント型物流施設
プロロジスは9月20日、大阪府茨木市に開発している物流施設「プロロジスパーク茨木」にて、株式会社ニトリと賃貸借契約を締結したと発表した。

「プロロジスパーク茨木」は、関西内陸部に開発しているマルチテナント型物流施設だ。延床面積は約189,700平方メートルと関西最大級になっている。

立地は中国自動車道と名神高速道路、近畿自動車道が交わる吹田ICへ約6km、茨木ICへ約5km、大阪中心部まで約30分でなど好アクセスだ。

アクセスが良好
また2017年に開通する予定である新名神高速道路の茨木北IC(仮称)から近いため、西日本広域をカバーする物流拠点としては最適なエリアとなっている。

周辺についても地盤が良く災害リスクが低いということだけでなく、非常用発電機や緊急地震速報システムなど独自の設備がある。そのうえ入居した企業については事業継続をサポートしていくため、長期間を見据えて入居することができる。

そして施設内にはカフェテリアや、通勤用シャトルバスを提供するなど社員が働く環境にも配慮した施設でもある。

今回、両社が契約を結んだのは6階建施設の1階から5階部分だ。ニトリの物流子会社である株式会社ホームロジスティクスが、11月から来年の1月まで段階的に入居を開始していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プロロジス ニュースリリース
http://www.prologis.co.jp/new/distribution/160920-2

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る