リノベ不動産、人材育成と協創の場づくりで東京デザイナー学院と産学連携協定締結

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. リノベ不動産、人材育成と協創の場づくりで東京デザイナー学院と産学連携協定締結

リノベ不動産、人材育成と協創の場づくりで東京デザイナー学院と産学連携協定締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月28日 09:00

産学連携協定による協同プロジェクト始動
8月24日、リノベ不動産と東京デザイナー学院は、産学連携協定を締結し協同プロジェクトを始動した。その第一弾として、同社の加盟店ヤナセ不動産が所有する、東京都内の中古物件リノベーションを共同企画する。

同社は、“中古購入プラスリノベーション”のワンストップサービスの全国VC(ボランタリーチェーン)ネットワーク展開を行っており、「いままでにないワクワクを!」をテーマに中古物件市場に大きな変革をもたらそうとしている。
空き家の有効活用が目的
総務省の住宅・土地統計調査によると、2014年全国の空き家は820万戸で、地方でも都市部でも深刻な問題となっている。そのため、既存ストックの流動活性化が喫緊の課題である。今後、“中古購入プラスリノベーション”の需要は、益々拡大していく傾向にある。

同社は、“中古購入プラスリノベーション”という住宅購入手法によって、既存住宅を活用し低価格で自分らしい暮らしが実現出来ることを全国の消費者へ発信。新たなマーケットを創造し、既存住宅の活性化や新たな住宅購入の選択肢を提供するボランタリーチェーン組織として急成長している。
人材育成に向けた連携協定
今回、東京デザイナー学院と産学連携協定を結ぶことで、同学院インテリアデザイン科の学生を対象に、同社のビジネスモデルやノウハウを生かし、より実践的で専門性の高い人材の創出を狙っている。

そこで、中古物件のリノベーションプラン提案に必要な専門性の高い技術者を育成するプログラムや、インターンジップによるOJTに加え、企業へのプレゼンテーションに欠かせないビジネスマナーや商習慣に関する研修を行い、人材育成を推進し産学連携による協創の場づくりを目指す。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

リノベ不動産 プレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000010101.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る