ブリヂストンと共同で免震用積層ゴム支承の性能確認試験を実施、竹中工務店

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ブリヂストンと共同で免震用積層ゴム支承の性能確認試験を実施、竹中工務店

ブリヂストンと共同で免震用積層ゴム支承の性能確認試験を実施、竹中工務店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年09月02日 06:00

積層ゴム支承の性能確認試験を実施
竹中工務店は8月31日、株式会社ブリヂストンと共同にて設計・施工を手掛けた免震建物「船橋竹友寮」にて使用されてきた、ブリヂストン製積層ゴム支承を取り出し、長期耐久性に関する性能確認試験を行った。

調査する際には全部で14基のうち1基を取り出し、ブリヂストンの横浜工場にて基本特性試験、外観・寸法検査を実施した。30年が経過した後の変化については予測した範囲内に収まった。そのため今回、積層ゴム支承が高い長期耐久性があるということが確認された。

30年経過後について確認
なお両社はこれまでに免震構造技術の信頼性を上げるために、建物で使用されている積層ゴム支承を約10年ごとに取り出して調査を行ってきた。今回の調査は1996年、2008年に続いて3回目だ。

今後は積層ゴム支承を切断し、内部ゴムの物性について詳細に調査する予定となっている。

なお積層ゴムの取り換え手順としては、まず建物の一部をジャッキアップし積層ゴム支承を取り出す。そして取り出したものの代わりに新規製作の支承を挿入する。その後建物をジャッキダウンするのだが、建物は積層ゴム支承を取り換える前と同じ免震性能を維持する。

30年が経過した後は、大変形領域にて少し硬化があったのだが、出荷した時とほぼ同じ性能であるということが確認された。また外観や寸法検査を行った結果、目立った傷や汚れ、錆や異常はなかった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

竹中工務店 ニュースリリース
http://www.takenaka.co.jp/news/2016/08/05/index.html

株式会社ブリヂストン
http://www.bridgestone.co.jp

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る