研究開発職(触媒開発)の求人・募集

更新1125

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. その他>
  3. 研究開発職(触媒開発)
東ソー株式会社

研究開発職(触媒開発)

  • メーカー
  • 長期出張なし
  • 寮・社宅あり
  • 発注者の立場
  • 資格が無くても応募可能
年収 450万円~800万円 (経験能力考慮の上優遇)
※年収例や賞与の支給額などに興味のある方は、【応募する】ボタンよりお問い合わせください。
勤務地 〒510-0011三重県四日市市霞一丁目8番地
三重県四日市市
仕事内容 ■研究所に所属し、固体触媒の開発、反応の評価、触媒反応プロセスの開発を行ないます。ラボスケールでの実験だけでなく、実際のプラントへの実装までを想定した検討を行ないます。
必要な資格・経験 【必須要件】
■下記いずれかまたは複数のスキル・経験をお持ちの方
・固体触媒化学、化学反応工学の専門家で、固体触媒の開発、反応評価、触媒反応プロセスの開発経験者を求めています。
※石化触媒の工業化までを経験されているとベストです。
※経験重視となります。不均一系触媒が好ましいです。
雇用・勤務の
条件など
<雇用形態>
正社員

<勤務体制>
8:30~17:05

<休日>
年間122日/(内訳)週休2日制、祝日、年末年始、盆、メーデーなど、年次有給休暇(15~20日)、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、育児・介護休業など
企業情報 <設立年月>
1935年2月

<資本金>
552億円

<社員数>
12955名(2019年3月現在)

<上場・非上場>
上場

<企業について>
【概要・特徴】
■東証一部上場、苛性ソーダや塩ビモノマーに強みを持つ総合化学メーカー。「クロル・アルカリ」「石油化学」「機能商品」「エンジニアリング」などの分野で事業を展開しています。アジア・北米・欧州に約30の拠点を有し、海外売上高比率は約46%。今後は中国を中心とするアジアでの生産体制をさらに強化する方針です。

■化学繊維、紙・パルプなどの製造に使われる「苛性ソーダ」の年間生産量は約131万トン、塩化ビニル樹脂の原料となる「塩ビモノマー」の年間生産能力は約110万トンで、ともに国内No.1の実績。また、燃料電池材料や歯科材料などに用いられる「ジルコニア粉末」は世界シェアNo.1となっています。

■コモディティ分野(身近な生活を支える基礎化学品)とスペシャリティ分野(高付加価値化を追求した製品群)をバランスよく展開する「ハイブリッド経営」を推進。トヨパール(分離精製剤)やジルコニアなど成長事業への投資拡大に加え、海外のバイオベンチャーの発掘やバイオサイエンス関連企業のM&Aなどを進める方針です。

【研究開発】
■「ライフサイエンス」「環境・エネルギー」「電子材料」を重点領域として、研究開発を推進しており、研究開発費に約166億円を投資しています(2018年度)。技術分野と機能別に編成した7つの研究所と1つの技術センター有し、約990人が研究開発に従事。新規診断システム/検出試薬、環境浄化用薬剤、電子デバイス用薄膜形成材料など多様な研究を行なっています。
お問い合わせ番号 241081

「希望に合う求人を他にも見てみたい」「条件に合う求人が見つからない」という方はご相談ください。非公開求人から、ご希望に合う求人をすぐにご紹介します。

求人の希望を相談する(無料)

この求人に似ているオススメ求人を探す

同じ企業の求人を探す

関連求人を探す

仕事内容

建設・設備求人データベース TOPへ戻る