建築関係技術者(設備)の求人・募集

更新216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. その他>
  3. 建築関係技術者(設備)

日本建築検査協会株式会社 建築関係技術者(設備)

年収 400万円~700万円 (経験能力考慮の上優遇)
勤務地 東京都
仕事内容 ■同社が受注する案件において、下記いずれかの業務を担当していただきます。

【具体的には】
配属については面接時に希望職種や適正、同社の組織構成を考慮し決定します。
・昇降機などの確認検査業務における審査・検査業務
・既存設備調査・診断業務(デューディリジェンスなど)
※ご本人の希望があれば省エネ適合性判定業務をおまかせする可能性もあります。

※65歳定年であり、66歳以降は契約社員での雇用継続となります。現在70歳代の方も活躍されており、長期就業を実現できる環境です。
※基本的には1都3県の案件を担当していただきますが、職種によって地方出張が発生する可能性があります。
※月の残業時間は20~30時間であり、仕事とプライベートのバランスを保ちながら勤務することができます。
必要な資格・経験 【必須要件】
■下記いずれかのご経験をお持ちの方
・設備設計の業務経験をお持ちの方
・昇降機据え付け工事の施工管理業務
・確認/審査業務(官民問わず)
■下記いずれかの資格をお持ちの方
・省エネ適合性判定員
・設備設計1級建築士
・建築設備士
・監理技術者(機械器具設置)
雇用・勤務の
条件など
<雇用形態>
正社員

<勤務体制>
9:00~18:00

<出張>
場合よって有り

<転勤>
なし

<休日>
年間125日/(内訳)完全週休2日制(土日祝)、夏季休暇、年末年始、有給休暇、産前産後休暇

<定年・再雇用>
定年65歳再雇用70歳
企業情報 <企業について>
【概要・特徴】
国土交通大臣指定の建築確認検査機関。独立性と中立性が高い第三者機関として、不動産の価値算出の基礎となるエンジニアリング調査業務および建物の調査・診断・鑑定を行っています。指定確認検査機関としては珍しく、確認検査と建物診断を2軸に展開(新築:既存=5:5)。新築と既存の建物両方を手がけることで、景気の波に左右されない安定した業績をあげられるビジネスモデルを確立しています。2018年9月から確認検査の業務範囲を拡大。日本全域の全ての建築物・工作物・建築設備を対象に事業を行っています。

【職場環境】
完全週休2日制で、年間休日は約120日。65歳定年制ですが、70歳まで契約社員として勤務できる制度があります。また、社員の資格取得を積極的に支援。同社で実務経験を2年積んだ社員は建築基準適合判定資格の受験資格を得ることができ、資格取得を目的とした社内勉強会や社外講習の費用負担など、さまざまなサポートがあります。
お問い合わせ番号 197365

「希望に合う求人を他にも見てみたい」「条件に合う求人が見つからない」という方はご相談ください。非公開求人から、ご希望に合う求人をすぐにご紹介します。

求人の希望を相談する(無料)

この求人に似ているオススメ求人を探す

同じ企業の求人を探す

関連求人を探す

仕事内容

建設・設備求人データベース TOPへ戻る