ボイラーエンジニア(バイオマス発電)の求人・募集

更新822

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. プロジェクトマネージャー>
  3. ボイラーエンジニア(バイオマス発電)
エクイスバイオエネルギー株式会社

ボイラーエンジニア(バイオマス発電)

  • 電力・ガス・エネルギー
  • 転勤なし
  • 長期出張なし
  • 発注者の立場
  • 定年後再雇用あり
年収 600万円~1200万円 (経験能力考慮の上優遇)
勤務地 東京都
仕事内容 ■新規バイオマス発電所開発プロジェクトにおけるボイラーエンジニアを担当して頂きます。

【具体的には】
・バイオマス発電事業立ち上げ業務
・バイオマス発電所の開発に係るボイラー設備の総括
・ボイラー設備に関する仕様検討、EPC会社の業者管理
・開発期間中の発電所の品質管理、コスト管理、各種性能試験
※案件の状況により、出張が発生する可能性がございます。
※英語の聞き取りやメールなどのコミュニケーションを行うことがあります。
必要な資格・経験 【必須要件】
■火力発電所、バイオマス発電所のボイラー設備における計画もしくは設計業務経験をお持ちの方

【歓迎要件】
■以下資格をお持ちの方
・ボイラー・タービン主任技術者
・特級ボイラー技士
・1級ボイラー技士
雇用・勤務の
条件など
<雇用形態>
正社員

<勤務体制>
9:30~18:00

<出張>


<転勤>


<休日>
年間105日/(内訳)週休2日制(土日)、夏季休暇、年末年始、有給休暇、慶事休暇

<定年・再雇用>
定年有(65歳)
再雇用有
企業情報 <設立年月>
2017年1月

<資本金>
1,000,000円

<上場・非上場>
非上場

<企業について>
【概要・特徴】
東京に本拠を置く、バイオマス発電事業会社です。アジアを中心に再生可能エネルギー事業を展開する「エクイスエナジー」のバイオマス部門が独立し、2017年に設立。バイオマス発電プロジェクトの開発、所有、運営を手がけています。日本国内に2箇所の大規模なバイオマス発電所建設計画を進めているほか、アジア地域にもバイオマス発電所の建設を予定。CO2排出量の削減と自然環境の保護に貢献することを目指しています。

【強み】
アジア太平洋地域最大の再生可能エネルギー独立系発電事業者(IPP)であるグループの保有する、豊富な実績と資金力が強み。「エクイスエナジー」は、タイやフィリピンなど、アジアを中心に再生可能エネルギーを利用した約100の発電所を手がけるほか、約70の案件、合計出力6ギガワット以上が現在、開発段階にあります。契約不履行が少なく、事業リスクの少ない日本マーケットは、注力地域として今後さらなる投資が見込まれています。
お問い合わせ番号 180517

「希望に合う求人を他にも見てみたい」「条件に合う求人が見つからない」という方はご相談ください。非公開求人から、ご希望に合う求人をすぐにご紹介します。

求人の希望を相談する(無料)

この求人に似ているオススメ求人を探す

同じ企業の求人を探す

関連求人を探す

仕事内容

建設・設備求人データベース TOPへ戻る