第3種電気主任技術者(常駐)の求人・募集

更新1115

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 設備管理・設備保全>
  3. 第3種電気主任技術者(常駐)

株式会社東洋クオリティワン

第3種電気主任技術者(常駐)

お問い合わせ番号 190369
勤務地 埼玉県
仕事内容 ■同社グループが所有する工場において、電気設備の保全・設計業務を担当していただきます。

【具体的には】
以下業務の中で、各種設備のトラブル対応・復旧に関しての外注業者への指示/対応・再発防止の検討などを行っていただきます。
・インフラ設備、生産設備、ユーティリティー設備、装置類及び建屋の保全・設計など
・設備、装置類の改善・省力に関する業務
※日勤のみです。(就業時間:8:30~17:30)
※将来的に、国内外の出張が発生する場合があります。(年に1回あるかないかの程度)
※特別高圧設備の実務経験を積むことが可能です。
必要な資格・経験 【必須要件】
■第3種電気主任技術者の資格をお持ちの方
■電気設備保全または設備管理経験をお持ちの方

【歓迎要件】
■メーカーでの設備保全経験をお持ちの方
年収 450万円~750万円 (経験能力考慮の上優遇)
雇用・勤務の
条件など
<雇用形態>
正社員

<勤務体制>
8:30~17:30

<出張>
有り

<転勤>
有り

<休日>
年間119日/(内訳)完全週休2日制(土日祝)、夏季休暇、年末年始、有給休暇、慶事休暇、介護休暇
企業情報 <設立年月>
1935年11月

<資本金>
8億円

<社員数>
355名(2018年3月現在)

<上場・非上場>
非上場

<企業について>
【概要・特徴】
80年以上の歴史を持つ、国内で唯一のフォーム専業メーカーです。1935年に丸系ゴムやフォームラバーなどを製造する企業として設立。現在は「ポリウレタンフォーム(PUF)」を中心とした各種フォームを、自動車・鉄道・航空機・家電・インテリア・健康器具など多岐にわたる分野に提供しています。埼玉県川越市のほか、中国や東南アジアに開発・生産拠点を構え、現地のニーズに即した製品を製造。生産ラインの機械のほとんどが自社で設計・製造されたものであることも特徴です。

【技術力】
同社ほど多種多様なPUFを開発している企業は世界でも珍しく、その技術は海外でも注目されています。「難燃化」と「モールド化」という、PUFの2大技術に取り組んでおり、とくに難燃化では業界に先駆けてアメリカの自動車安全規格MVSSをクリア。同社製品は日本の完成車メーカーの大半に採用されています。また鉄道車両用材料燃焼試験やアメリカ航空局規格の耐火性試験などにも合格しており、在来線や新幹線、国内外の航空機に導入されています。

【研究開発】
基礎研究から製品開発まで一貫した開発体制を構築。川越工場にある研究所では研究棟・実験棟が完備され、全国の営業拠点からの開発依頼をもとに新素材の開発をすすめています。近年開発されたものとして、業界最軽量の止水性フォーム材「クアリフ」や、衝撃吸収性と防音性能を併せ持つ硬質PUF「アブエース」などがあげられます。

「希望に合う求人を他にも見てみたい」「条件に合う求人が見つからない」という方はご相談ください。非公開求人から、ご希望に合う求人をすぐにご紹介します。

求人の希望を相談する(無料)

この求人に似ているオススメ求人を探す

同じ企業の求人を探す

関連求人を探す

仕事内容

建設・設備求人データベース TOPへ戻る